日本一周by自転車

定年退職を機に、「もっと日本のことを知りたい」との思いから日本一周に挑戦。
4,800kmを走ったところで事故にあい負傷。
一度、心に決めた目標は絶対に達成する!!
2年後、「北海道開拓の歴史をたどる旅」をテーマとして再チャレンジ!
2008年10月遂に日本一周を達成。
夢はまだ続く。
新しい目標は、自転車で旅をしながら郷土の歴史を調べる。
<< 2017年十勝の旅(その1) | TOP |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
2017年十勝の旅(旅の前夜)

JUGEMテーマ:旅行

2017年十勝の旅(旅の前夜)

【明日『十勝の旅』に出発する】


「8月21日(月)」
 今回の旅は、昨年計画を立てたものの行くことができなかった旅のリベンジである。
 1年前の平成28年8月25日から4泊5日の予定で、今回とほぼ同様の旅を計画していたが、8月23日に台風第9号が北海道に再上陸し、道北・道東一帯に大きな被害をもたらしたことから、出発直前になって中止を決心した。結果オーライで、もし、行っていれば、通行止めの道路に遭遇するだけではなく、被災地を廻ると言うことになって仕舞った。
平成28年は、北海道に5つの台風が上陸(内3つが再上陸)するという、過去の記録に無いような事態が発生していたことを記しておく。
 今回の旅のテーマは、昨年考えたものと同じであり、当時の日記に書いたものを載せる。
 「今から30年近く前、2年間ほど帯広に住んだことがあった。その時は、まだ、元気バリバリの時で、趣味はと言うとスキー、山登り。特に山登りは、帯広が日高の山、裏大雪山の山のベースキャンプ的な位置にあることから、日高の名峰と言われる多くの山を仲間たちとともに登った。
 夜中に家を出て、夜明け前に登山口に到着。空が白む頃に登山を開始し、その日のうちに下山すると言うのが常だった。地下足袋に草鞋を結び、清流に見え隠れする川石を、右に左にと踏みしめながら沢を遡上し、時には水しぶきを被りながら岩肌を登ることもあった。その先には、雪渓が待っており、さらに進むみと、そこは高山植物が咲き乱れる天上の世界が広がっていた。遂に辿り着いた細尾根から眺めた360度のパノラマは、そこに立った者でないと分からない感慨があった。
 あの頃は、歴史に特段の興味はなく、帯広の博物館である『百年記念館』にも行くことも無かったし、十勝開拓にその名を残した依田勉三という人物の名前すら知らなかった。
 今回の自転車旅行のテーマは『十勝開拓の歴史をたどる』とした。
 日本一周を達成した平成19年以来、屯田兵の入植地を中心に北海道開拓の歴史のテーマとして色々なところを自転車で走ってきた。しかし、それらの経路を記した北海道地図の中で、唯一とも言うべき空白地帯が十勝平野から北見へ抜けるルートである。
「なぜか?」それは、屯田兵が入植しなかった場所であるからである。
 今回の旅のテーマのメインは、十勝に開拓に尽くした「依田勉三、二宮尊親、関寛斎の踏み跡をたどる」である。
札幌からサイクリングを開始するJR新吉野駅まで輪行で移動し、十勝川沿いを北上し、晩成〜豊頃〜帯広〜幕別〜池田〜本別〜足寄〜陸別〜置戸〜留辺蘂〜遠軽まで約350kmを走るものである。
 旅を予定している22日〜26日までの天候は、落ち着いており良い旅が出来そうである。

 

【2017年十勝の旅経路図】

 

 

 

12:33 | 2017年十勝の旅 | comments(0) | -
スポンサーサイト
12:33 | - | - | -
コメント
コメントする